離れの家跡地

私の生家には離れがありました。母屋が狭かったので、夕食を終えると、私はカバンを下げて離れに行っていました。離れといっても庭続きではなく、道路をグルッと回っていたところにあり、二○○メートルほどの距離がありました。そこは元は工場だった建物で、一階は工場の跡です。そこを通り抜け、階段で二階にあがり、部屋に入るのですが、部屋の裸電球を点けると、大きなクモがサッと走ったりするので、ずいぶん怖かったのを覚えています。

「人を愛し、人を生かし、人を許せ」より
阿波川島駅御生家
a:258 t:1 y:0;